思想とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

思想

「思想的な考え」などのように使う「思想」という言葉。

「思想」は、音読みで「しそう」と読みます。

「思想」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「思想」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

思想の意味

「思想」には次の二つの意味があります。

1心に思い浮かべること。考えること。考え。
2人生や社会についての一つのまとまった考え・意見。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

思想の意味①「心に思い浮かべること。考えること。考え。」

「思想」の一つ目の意味は「心に思い浮かべること。考えること。考え。」です。

主に生活の中に生まれた考え、行動を束ねるときに使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ 俺はこうまで人間の思想は違うものかとむしろ滑稽に感じたくらいだった。 
(出典:伊藤野枝『出奔』)

・したがって今日この書に盛られているとおりの思想を持ってはいない。
(出典:倉田百三『愛と認識との出発』)

・従つて舞台の上には或る限られたる個人の思想といふ様なものがありませぬ。
(出典:岸田国士『日本演劇の特質』)

・そしてその瞬間に、私の思想は夢を見始めたことを私は今思ひ出す。 
(出典:坂口安吾『〔翻訳〕ステファヌ・マラルメ』)

類語

指針ししん
意味:物事を進めるうえでたよりとなるもの。(出典:デジタル大辞泉)

理念りねん
意味:ある物事についての、こうあるべきだという根本の考え。(出典:デジタル大辞泉)

想念そうねん
意味:心に考え思うこと。心に浮かぶ思い。(出典:精選版 日本国語大辞典)

観念かんねん
意味:物事に対してもつ考え。(出典:デジタル大辞泉)

思想の意味②「人生や社会についての一つのまとまった考え・意見。」

「思想」の二つ目の意味は「人生や社会についての一つのまとまった考え・意見。」です。

社会的、政治的な価値判断という意味合いで使われることが多いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・もし強いてこれが理想を探らばやはり自由論派の思想と同一ならんのみ。
(出典:陸羯南『近時政論考』)

・君は高等学校の一年生時代から、思想的には一歩も進歩していないね。 
(出典:菊池寛『無名作家の日記』)

・十七世紀になりますと、この個人主義の思想といふものが一時衰へました。
(出典:岸田国士『文学者の一人として見た現代日本語』)

・從つて自分の思想生活の態度も亦痛烈にして勇猛なものとなるであらう。
(出典:阿部次郎『三太郎の日記 第二』)

類語

イデオロギー
意味:政治・道徳・宗教・哲学・芸術などにおける、歴史的、社会的立場に制約された考え方。(出典:デジタル大辞泉)

哲学てつがく
意味:世界や人生の究極の根本原理を客観的・理性的に追求する学問。(出典:精選版 日本国語大辞典)

信条しんじょう
意味:堅く信じ守っている考え。信念。(出典:精選版 日本国語大辞典)

信念しんねん
意味:正しいと信じる自分の考え。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました