強硬とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

強硬

「強硬な態度」などのように使う「強硬」という言葉。

「強硬」は、音読みで「きょうこう」と読みます。

「強硬」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「強硬」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

強硬の意味

「強硬」には次の意味があります。

自分の立場・主張を強い態度であくまでも押し通そうとすること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

立場や意志などが硬く強いさまを表す際に使用します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・かつて見せたことのない空々の強硬な姿勢に圧倒されたのかもしれない。
(出典:西尾維新『伝説シリーズ 1 悲鳴伝』)

・もし僕がこれに成功すればマシュー伯父に対して強硬に出られるのです。
(出典:クリスティ/松本恵子訳『危機のエンドハウス』)

・あとはこっちがそれを無視して強硬な態度に出るしかないのである。
(出典:群ようこ『無印OL物語』)

・で、その話をアスナにしたら、強硬にデータの提供を要請されましてね。
(出典:九里史生『SAO-Web-0401-第一章~第三章』)

・彼は大学の中で最も強硬な法科大学教授の説得に全力を注ぐことにした。
(出典:松本清張『小説東京帝国大学(下)』)

類語

強固(きょうこ)
意味:かたく、丈夫なさま。確かなさま。特に精神的にしっかりしていて確かなさまをいう。また、かたく、丈夫にすること。堅固。確固。(出典:精選版 日本国語大辞典)

確固(かっこ)
意味:しっかりして動かないさま。確かなさま。(出典:デジタル大辞泉)

強梗(きょうこう)
意味:自分の言い分を強く主張して曲げないこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

断固(だんこ)
意味:周囲の状況や意見に左右されないさま。態度などがきっぱりとしているさま。(出典:デジタル大辞泉)

無遠慮(むえんりょ)
意味:遠慮をせず、好きなように振る舞うこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました