庶務とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

庶務

「庶務課に配属される」などのように使う「庶務」という言葉。

「庶務」は、音読みで「しょむ」と読みます。

「庶務」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「庶務」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

庶務の意味

「庶務」には次の意味があります。

種々雑多な事務。(出典:デジタル大辞泉)

「庶務」は事務仕事全般をひとまとめに呼ぶ言葉です。
また、企業や組織内では庶務を行う部署自体のことを「庶務」と呼ぶ場合もあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ この爆弾事件対策のための海外出張の第一の障害は警備局の庶務だった。
(出典:佐々淳行『連合赤軍「あさま山荘」事件』)

庶務担当者は渋い顔をしているが、老人達の間での評判はすこぶるいい。
(出典:篠田節子『死神』)

・ ひとりで庶務係を担当しているのだが、事務を間違えたことはなかった。
(出典:新田次郎『孤高の人』)

・ 昭和二十二年に広島市内の郵便局庶務課に勤務するようになった。
(出典:辺見じゅん『完本 男たちの大和(下)』)

庶務主任は、雑誌の名を見るついでに、千加子の名を頭に記憶していた。
(出典:斎藤栄『まぼろしの完全犯罪』)

類語

雑務(ざつむ)
意味:こまごましたいろいろの用務。ぞうむ。(出典:デジタル大辞泉)

彼やこれや(あれやこれや)
意味:あれこれ。いろいろ。あれのこれの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

事務(じむ)
意味:役所・会社などで、書類・帳簿の作成・処理など、主として机の上でする仕事。(出典:デジタル大辞泉)

細務(さいむ)
意味:ささいな事務。こまかいつとめ。(出典:デジタル大辞泉)

雑用(ざつよう)
意味:こまごました、いろいろの用事。ぞうよう。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました