帆船とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

帆船

「大型帆船」などのように使う「帆船」という言葉。

「帆船」は、音読みで「はんせん」と読みます。

「帆船」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「帆船」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

帆船の意味

「帆船」には次の意味があります。

帆をひろげて風の力で走る船。(出典:精選版 日本国語大辞典)

また、帆をひろげて走る船の名称として「帆船(ほぶね)」と読む場合もあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そんなときに乗っていると、まるで水上を走る帆船に乗っているようだ。
(出典:フィリップ・J・ファーマー『緑の星のオデッセイ』)

・バスケスには緑か赤の燈火しか見えなかったから、あの船は帆船なのだ。
(出典:ヴェルヌ/大友徳明訳『地の果ての燈台』)

・だが帆船というやつはどういうことになるかわからないものである。
(出典:ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』)

帆船ということになれば、風と対抗できる機関など備わっていないわけだ。
(出典:ヴェルヌ/大友徳明訳『地の果ての燈台』)

・幸い、天気はよく、順風で小型の帆船は気持のよい走り方をみせている。
(出典:平岩弓枝『御宿かわせみ 33 小判商人』)

類語

ジャンク
意味:中国水域で数千年にわたって広く使われてきた帆船の総称。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

カッター
意味:船の一種。(出典:精選版 日本国語大辞典)

帆前船(ほまえせん)
意味:帆をはり、風の力を利用して航行する洋式の船。(出典:精選版 日本国語大辞典)

風帆船(ふうはんせん)
意味:洋式の帆船。(出典:デジタル大辞泉)

帆掛船(ほかけぶね)
意味:帆をかけて走る船。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました