対策とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

対策

「対策を練る」などのように使う「対策」という言葉。

「対策」は、音読みで「たいさく」と読みます。

「対策」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「対策」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

対策の意味

「対策」には次の意味があります。

相手の態度や事件の状況に対応するための方法・手段。(出典:デジタル大辞泉)

上記の意味の如く、目の前の状況を打破するための方法や手段のことをさす言葉です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・湿気対策が大事なのは分かるが、どういうわけか俺の方を見てくれない。
(出典:三上延『ビブリア古書堂の事件手帖 第6巻 ~栞子さんと巡るさだめ~』)

・このような不完全な資料で世界のエイズ対策を確立することはできない。
(出典:松本清張『赤い氷河期』)

・しかし、ともかく何らかの対策を講じなくてはならないのは確かである。
(出典:有川浩『空の中』)

・しかも事件の成行きをいっそう混乱させる対策さえ講じられていました。
(出典:クリスティ/古賀照一訳『オリエント急行殺人事件』)

・もう一つが軽自動車の排ガス対策に投入する人材が不足していたことだ。
(出典:佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』)

類語

方策(ほうさく)
意味:はかりごと。計略。策略。また、てだて。方法。手段。(出典:精選版 日本国語大辞典)

策(さく)
意味:はかりごと。計画。計画を立てる。(出典:デジタル大辞泉)

方略(ほうりゃく)
意味:はかりごと。てだて。方策。計略。(出典:精選版 日本国語大辞典)

措置(そち)
意味:事態に応じて必要な手続きをとること。取り計らって始末をつけること。処置。(出典:デジタル大辞泉)

打つ手(うつて)
意味:とるべき方法。なすべき手段。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました