完璧とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

完璧

「完璧な仕事」などのように使う「完璧」という言葉。

「完璧」は、音読みで「かんぺき」と読みます。

「完璧」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「完璧」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

完璧の意味

「完璧」には次の意味があります。

欠点がまったくないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「完璧」は、一つとして足りない部分がなく完全であると言うことです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・外から見るかぎり、鏡板の一部としか思えないほど完璧な隠し戸だった。
(出典:R・E・ハワード『征服王コナン』

・久遠寺翁は好んで彼を呼んだ程だから完璧にあの男を誤解している筈だ。
(出典:京極夏彦『鉄鼠の檻』

・自分ではハンガリア人だと言っていたが、彼女の英語は完璧であった。
(出典:モーム/田中西二郎訳『幸福』

完璧に整ってはいないにせよ、いびつに崩れているというわけでもない。
(出典:佐藤賢一『王妃の離婚』

・その中にあるものは少ないが、すべて完璧な秩序の上に成り立っている。
(出典:チャペック・カレル『RUR』

類語

完全(かんぜん)
意味:欠けたところや足りないところがまったくないこと。必要な条件がすべてそろっていること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

無欠(むけつ)
意味:足りないところがないこと。欠点がないこと(出典:デジタル大辞泉)

パーフェクト(ぱーふぇくと)
意味:完全であること。完璧(かんぺき)であること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

百点満点(ひゃくてんまんてん)
意味:申し分のないこと。非難すべき点がないこと。(出典:デジタル大辞泉)

完全無欠(かんぜんむけつ)
意味:欠点や不足がなくて、非のうちどころのないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました