喝采とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

喝采

「拍手喝采で迎える」などのように使う「喝采」という言葉。

「喝采」は、音読みで「かっさい」と読みます。

「喝采」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「喝采」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

喝采の意味

「喝采」には次の意味があります。

感心して声をあげ、手をたたいてはやすこと。やんやとほめそやすこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「拍手喝采で迎える」は「拍手したり声をあげたりしてにぎやかに出迎える」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・自分たちのような魅力のあるバンドが、なぜ人々の喝采を浴びないのか。
(出典:川島誠『ロッカーズ』)

・昨日は、それまで私を知らなかった数千の人が喝采して私を迎えてくれた。
(出典:アンデルセン/神西清訳『即興詩人(下)』)

・夏陽子は喝采に包まれたオリンピックプールを見るように瞳ひとみを開いた。
(出典:森絵都『DIVE!! 上』)

・楽団は大喝采に気をよくして、ふたたび同じ昔の曲を演奏しはじめた。
(出典:エディングス『マロリオン物語03 マーゴスの王』)

・嵐のような喝采が湧き起こったが、私の目は老婆にばかり向けられていた。
(出典:アンデルセン/神西清訳『即興詩人(上)』)

類語

溢美いつび
意味:褒めすぎること。(出典:デジタル大辞泉)

頌徳しょうとく
意味: てがらや立派な行ないをほめたたえること。 (出典:精選版 日本国語大辞典)

頌するしょうする
意味:文章や言葉で人の功績などをほめたたえる。(出典:デジタル大辞泉)

礼賛らいさん
意味:すばらしいものとして、ほめたたえること。(出典:デジタル大辞泉)

嗟嘆さたん
意味:非常に感心して褒めること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました