商材とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

商材

「商材を販売する」などのように使う「商材」という言葉。

「商材」は、音読みで「しょうざい」と読みます。

「商材」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「商材」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

商材の意味

「商材」には次の意味があります。

商品。売り手からいう語。(出典:デジタル大辞泉)

売る側の目線から商品のことを指して使用します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・生産とは工場において材料から部品、製品などの商材を作る行為である。

・他方、一部の地元の人々は当団地の写真を観光商材として販売している。

・コーヒーやドーナツなど新たな商材の販売に伴い関連費用 が増加している。

類語

商品(しょうひん)
意味:売るための品物。販売を目的とする財およびサービス。(出典:デジタル大辞泉)

製品(せいひん)
意味:製造した品物。ある原料でつくった品物。(出典:精選版 日本国語大辞典)

品物(しなもの)
意味:人が使ったり食べたりするためのもの。しな。物品。(出典:デジタル大辞泉)

商い物(あきないもの)
意味:売り買いする品物。商品。(出典:デジタル大辞泉)

出物(でもの)
意味:売りに出されている中古品や不動産など。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました