同伴とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

同伴

「父兄同伴」などのように使う「同伴」という言葉。

「同伴」は、音読みで「どうはん」と読みます。

「同伴」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「同伴」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

同伴の意味

「同伴」には次の意味があります。

・一緒に連れ立って行くこと。特に、男女が連れ立つこと。(出典:デジタル大辞泉)

「同伴」の「同」は共にしたり、一緒に、という意味で、「伴」は連れて行くという意味なので、「同伴」は一緒に連れて行くという意味を指します。一般的に水商売など男性が女性を連れて行くことに使うことが多いですが、親同伴や子ども同伴のように男女以外でも使うことはあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼の銀行では年一回、家族同伴の社員旅行をするのが恒例となっている。 
(出典:森村誠一『密閉山脈』)

・彼女は、市川に、同伴出勤をしてくれないかと頼みこんできたのである。
(出典:川上宗薫『流行作家』)

・プロレタリア文学運動のあったころ、同伴者作家という表現があった。
(出典:宮本百合子『作家の経験』)

・姫君と同伴して外へ出ると考えただけで、幸福感が呼吸をつまらせる気持であった。
(出典:海音寺潮五郎『平将門 上巻』)

・主人はそう言い、ひとを一人城下まで同伴してもらえないだろうかと言った。
(出典:藤沢周平『三屋清左衛門残日録』)

類語

・随伴(ずいはん)
意味:供としてつき従うこと。また、一緒に連れていくこと。随行。(出典:デジタル大辞泉)

・付添(つきそい)
意味:いろいろな世話をするため、主人・保護すべき人などに付き添うこと。また、その人。つきそえ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・護衛(ごえい)
意味:貴人や要人などにつき添って守ること。また、その人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・同行(どうこう)
意味:連れ立って行くこと。また、その人。どうこう。(出典:デジタル大辞泉)

・エスコート(えすこーと)
意味:人に付き添っていくこと。また、その人。主に男性が女性を送り届けるときや、儀礼的護衛についていう。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました