参画とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

参画

「事業に参画する」などのように使う「参画」という言葉。

「参画」は、音読みで「さんかく」と読みます。

「参画」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「参画」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

参画の意味

「参画」には次の意味があります。

・事業・政策などの計画に加わること。(出典:デジタル大辞泉)

「参画」は「計画された企画などに加わること」や「団体活動に参加すること」を意味します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・新しく参画した中には、高等教育を受けて専門職についていた人たちもいた。
(出典:村上春樹『1Q84 BOOK1』)

・このプロセスへの参画と連携が、大変重要なポイントではないかと感じています。
(出典:江川紹子『私たちも不登校だった』)

・最初からこのプロジェクトに参画を命じられた。
(出典:中川靖造『創造の人生 井深大』)

・プロジェクトに参画して一ヵ月後には、その最初の印象は簡単に覆った。
(出典:森博嗣『四季 4 冬』)

・末端の人々の政治参画意識、国民としての権利、義務感は稀薄だった。
(出典:近藤紘一『サイゴンから来た妻と娘』)

類語

・関与(かんよ)
意味:ある物事に関係すること。(出典:デジタル大辞泉)

・参与(さんよ)
意味:事業・計画などにかかわること。また、その相談を受けること。
(出典:デジタル大辞泉)

・参加(さんか)
意味:ある物事を行なう一員として加わること。仲間入りすること。
(出典:精選版 日本国語大辞典)

・参入(さんにゅう)
意味:加わること。参加すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・エントリー
意味:競技会・コンテストなどへの参加の申し込み。また、その参加登録。参加者名簿。
(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました