刺激とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

刺激

「刺激を受ける」などのように使う「刺激」という言葉。

「刺激」は、音読みで「しげき」と読みます。

「刺激」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「刺激」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

刺激の意味

「刺激」には次の意味があります。

物事の動きを活発にさせるきっかけとして、外から作用すること。また、そのもの。(出典:デジタル大辞泉)

「刺激」を分かりやすく言うと、「ある反応を引き起こすきっかけとなる原因」とのいえます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・一定の刺激に反応してそれに相当する一定の動作を繰り返すだけである。
(出典:寺田寅彦『破片』)

・今は手を出さないでおいて、日暮れ時に奴を刺激しないようにするんだ。
(出典:ヘミングウェイ・アーネスト・ミラー『老人と海』)

・二人がじゅうぶんに刺激を受けたとわかると、彼は二人にこう言った。
(出典:アポリネール/須賀慣訳『一万一千本の鞭』)

・私はただ私の音楽が彼らに新たな刺激を与えたことと思います。
(出典:ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』)

・花やかな金文字や赤や青の背表紙が余の眼を刺激しなかったばかりではない。
(出典:夏目漱石『ケーベル先生』)

類語

刺衝(ししょう)
意味:突き刺すこと。また、刺激すること。(出典:デジタル大辞泉)

鼓舞(こぶ)
意味:大いに励まし気持ちを奮いたたせること。勢いづけること。(出典:デジタル大辞泉)

触発(しょくはつ)
意味:なんらかの刺激を与えて、行動の意欲を起こさせること。(出典:デジタル大辞泉)

呼水(よびみず)
意味:ある事柄をひきおこす、きっかけ。誘い水。(出典:デジタル大辞泉)

扇動(せんどう)
意味:気持ちをあおり、ある行動を起こすようにしむけること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました