催促とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

催促

「締め切りの催促」などのように使う「催促」という言葉。

「催促」は、音読みで「さいそく」と読みます。

「催促」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「催促」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

催促の意味

「催促」には次の意味があります。

物事を早くするようにうながすこと。督促。(出典:デジタル大辞泉)

締め切りや期限があるときなどに作業や物事を早くこなすようにうながす、進行を速めてもらうことを言います。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・逆らって回答を催促さいそくしたら気を悪くするか軽く見られるかのどちらかだ。
(出典:支倉凍砂『狼と香辛料V』)

・彼から電話を入れ、例の話はどうなっているかと催促したこともある。
(出典:東野圭吾『幻夜』)

・それを傍そばへ置いて話をしていると、一つ書こうじゃないかと催促する。
(出典:夏目漱石『満韓ところどころ』)

・おれ達はその中に立っていて、おれは家隷けらいどもに明かりの催促をした。
(出典:森鴎外訳『諸国物語(上)』)

・手袋をはいた手がしきりに催促をするように、指をヒラヒラさせている。
(出典:横溝正史『花髑髏』)

類語

督促(とくそく)
意味:約束の履行(りこう)や物事の実行をうながすこと。(出典:デジタル大辞泉)

急がす(いそがす)
意味:早くさせるようにする。せきたてる。いそがせる。(出典:デジタル大辞泉)

促進(そくしん)
意味:物事がはやくはかどるようにうながすこと。(出典:デジタル大辞泉)

促成(そくせい)
意味:せきたてて早く成就するようにしむけること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

拍車をかける(はくしゃをかける)
意味:事の成り行きを一段と速める。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました