不遜とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

不遜

「不遜な態度」などのように使う「不遜」という言葉。

「不遜」は、音読みで「ふそん」と読みます。

「不遜」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「不遜」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

不遜の意味

「不遜」には次の意味があります。

へりくだる気持ちがないこと。思いあがっていること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「遜」は「へりくだる」という意味を持つ漢字です。
「へりくだる」とは「自分を控えめにして相手を立てる」という意味の言葉。
「不」は「否定」を意味します。

つまり「不遜」をわかりやすく言えば「自分を控えめにして相手を立てる気持ちが無く、傲慢であること」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・刑事の言い方が、不遜な感じだったので、山田はムッとした顔になった。
(出典:内田康夫『日光殺人事件』)

・そんなふうに考えることは、不遜で罰当たりなことだと教えられてきた。
(出典:秋山瑞人『猫の地球儀 その1 焔の章』)

・そんなことを少しでも考えるのは、死んだこの子に対して不遜ってもんだ。
(出典:中島らも『今夜、すべてのバーで』)

・弟に限らず、誰かを守ってやろうなどと不遜なことを、考えたことはない。
(出典:あさのあつこ『ガールズ・ブルー』)

・自分は不遜にも今、聖職者しか与えることのできぬ秘蹟をあの男に与えた。
(出典:遠藤周作『沈黙』)

スポンサーリンク

類語

傲慢ごうまん
意味:思い上がって横柄なこと。人を見下して礼を欠くこと。(出典:大辞林 第三版)

居丈高いたけだか
意味:人に対して威圧的な態度をとるさま。(出典:デジタル大辞泉)

横柄おうへい
意味:いばって、人を無視した態度をとること。無礼、無遠慮なこと。(出典:デジタル大辞泉)

横風おうふう
意味:偉そうに人を見くだす態度をとること。(出典:デジタル大辞泉)

高飛車たかびしゃ
意味:相手に対して高圧的な態度をとること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました