三枚目とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

三枚目

「あの俳優は三枚目だね」などのように使う「三枚目」という言葉。

「三枚目」は、音読みで「さんまいめ」と読みます。

「三枚目」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「三枚目」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

三枚目の意味

「三枚目」には次の意味があります。

歌舞伎用語。道化方の別称。転じて日常でも、滑稽な人物をさす一般語として使われる。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

「三枚目」をわかりやすく言うと「ジョークを言って笑わせたり、滑稽な役を演じてみたり、ムードメーカー的な存在」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・これでは三枚目としての、かるい演技に調子が出ないのもむりはない。
(出典:横溝正史『金田一耕助全集 [金田一耕助ファイル18] 横溝正史 「白と黒」』)

・その年の一月、小錦は東十両の三枚目という位置で相撲をとっていた。
(出典:山際淳司『エンドレス・サマー』)

・その三枚目的な要素も幼児性も、いまはまるで感じられなかった。
(出典:笹沢左保『雪に花散る奥州路』)

三枚目に生れ付いた、自分の柄を忘れて居るやうで、へエ、へツ、ヘツ。
(出典:野村胡堂『銭形平次捕物控』)

・老人になってからの彼は、いわゆる三枚目ではなかった。
(出典:色川武大『なつかしい芸人たち』)

類語

愛くるしい (あいくるしい)
意味:愛嬌(あいきょう)があって、かわいらしいさま。(出典:デジタル大辞泉)

ユーモラス
意味:おかしみのあるさま。(出典:デジタル大辞泉)

間の抜けた (まのぬけた)
意味:拍子が抜ける。調子がはずれる。(出典:精選版 日本国語大辞典)

剽軽者 (ひょうきんもの)
意味:ひょうきんな人。気軽でおどける人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

憎めない (にくめない)
意味:憎もうとしても憎むことができない。愛すべきところがある。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました