リバイバルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

リバイバル

「80年代のヒット曲がリバイバルしている。」などのように使う「リバイバル」という言葉。

英語では「revival」と表記します。

「リバイバル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「リバイバル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

リバイバルの意味

「リバイバル」には次の意味があります。

・一度すたれたものが、見直され、再びもてはやされること。(出典:デジタル大辞泉)

「リバイバル」の意味は、「再評価」です。昔のヒットした作品などがインターネットという媒体を介して、再評価される現象があります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・これは昔やったもののリバイバルで、映画にもなって日本でやりました。
(出典:黒柳徹子『チャックより愛をこめて』)

・他の四首も既に前の巻に出ていた歌であり、いわばこれらはリバイバルなのだ。
(出典:藤村由加『人麻呂の暗号』)

・つくられたのは、一九二三年だが、その頃リバイバルし、大変流行していた。
(出典:ドウス昌代『東京ローズ』)

・戦後大阪で最初にリバイバル上映されたのがいつだったかを調べればいいわけだが資料がないのだ。
(出典:筒井康隆『不良少年の映画史 PART1』)

・ひょっとしてリバイバル上映してたのかと思ったんですけど。
(出典:野村美月『文学少女シリーズ(全16巻) 14 “文学少女”見習いの、卒業。』)

類語

・再評価(さいひょうか)
意味:いったん評価したものを再び評価しなおすこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・復活(ふっかつ)
意味:いったん廃止したものなどを再びもとの状態に戻すこと。(出典:デジタル大辞泉)

・返り咲き(かえりざき)
意味:一度失った地位に再び就くこと。(出典:デジタル大辞泉)

・再燃(さいねん)
意味:衰えていた物事が勢いを盛り返すこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました