ミラクルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ミラクル

「こんなに偶然が重なるなんて、これってミラクル」などのように使う「ミラクル」という言葉。

英語では「miracle」と表記します。

「ミラクル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ミラクル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ミラクルの意味

「ミラクル」には次の意味があります。

奇跡。神わざ。(出典:デジタル大辞泉)

「ミラクル」をわかりやすく言うと「通常の常識で考えると発生する確率が低く、何か不思議な力が働いて実現したとしか思えない状態」という意味で、特に幸運な事が起きた時に使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・印刷所も編集長の魔性にヤられた男がミラクルを起こしていたとか。
(出典:樹生かなめ『~ラベンダー書院物語~ その男、熱愛中につき』)

・誰に認められるわけもないミラクルだが、それでも奇跡であることに変わりはなかろう。
(出典:西尾維新『少女不十分』)

・ティファニア、きみのそのミラクルだけは、隠しておくべきだと。
(出典:ヤマグチノボル『ゼロの使い魔 第12巻<妖精達の休日>』)

・「本当にお前はミラクルだな」とうれしそうにつぶやいた。
(出典:万城目学『プリンセス・トヨトミ』)

・実際、三年連続なんてそんなミラクルはないだろうけれど、それでもこの場はかなり盛り上がった。
(出典:今野緒雪『マリア様がみてる 27 あなたを探しに』)

類語

神業 (かみわざ)
意味:神のしわざ。また、そのような超人間的な技術や行為。(出典:デジタル大辞泉)

意表を突く (いひょうをつく)
意味:予想外のこと、考えてもいなかったことをしかけて驚かせる(出典:精選版 日本国語大辞典)

ファインプレー
意味:スポーツで、選手のみごとな技。(出典:デジタル大辞泉)

驚愕 (きょうがく)
意味:非常に驚くこと(出典:デジタル大辞泉)

ファンタジー
意味:空想。幻想(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました