ペナルティーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ペナルティー

「ペナルティーを与える」などのように使う「ペナルティー」という言葉。

英語では、「penalty」と表記します。

「ペナルティー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ペナルティー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ペナルティーの意味

「ペナルティー」には次の二つの意味があります。

1 罰則。
2 罰金。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

ペナルティーの意味①「罰則。」

「ペナルティー」の一つ目の意味は「罰則。」です。

スポーツなどでルール違反した際に「ペナルティーを受ける」というのは、「罰則を受ける」という意味です。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・反則するとペナルティーで何分間かゲームの外で待機するわけで、それが解けるとまた戻る。
(出典:赤瀬川原平『老人力 全一冊』)

・ブライアン・バーンズは自からそのことを認め、自分で自分にペナルティーを課した。
(出典:山際淳司『ブルボギークラブへようこそ』)

・フーチ先生は両チームからペナルティーを取り、ウッドが二度日のファイン・プレーで、スコアは四十対十、グリフィンドールのリードだ。
(出典:ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 3 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)

・はいペナルティーで30秒マイナス!(出典:赤松中学『緋弾のアリア 第2巻』)

類語

懲らしめる(こらしめる)
意味:懲りて二度としないようにさせる。(出典:精選版 日本国語大辞典)

懲罰(ちょうばつ)
意味:こらしめのために罰を加えること。また、その罰。(出典:デジタル大辞泉)

懲戒(ちょうかい)
意味:不正または不当な行為に対して制裁を加えるなどして、こらしめること。(出典:デジタル大辞泉)

誅罰(ちゅうばつ)
意味:罪を責めて罰を加えること。(出典:デジタル大辞泉)

ペナルティーの意味②「罰金。」

「ペナルティー」の二つ目の意味は「罰金。」です。

交通違反をした際などに「ペナルティーを受ける」というのは、「罰金を払う」という意味です。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・借金ぜんぶ肩代りして、ペナルティーまで払うってのなら別ですけど。
(出典:浅田次郎 『鉄道員(ぽっぽや)』)

・しかもそれに対するペナルティーが、当人に対して数千ドルが科せられるだけでなく、会社に対しても監督責任ということでそれに十倍する罰金が言い渡される。
(出典:諸井薫『男とは何か』)

・スピード違反により、9000円のペナルティーを支払った。

類語

違約金(いやくきん)
意味:契約で定めた義務を履行できなくなったり、履行が遅れたりした場合に、相手方に支払うことをあらかじめ約束した金額をいう。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

罰金(ばっきん)
意味:罰として出させる金銭。(出典:デジタル大辞泉)

刑戮(けいりく)
意味:刑罰に処せられること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました