ベンチャー企業とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ベンチャー企業

「ベンチャー企業に転職する」などのように使う「ベンチャー企業」という言葉。

「ベンチャー企業」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ベンチャー企業」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ベンチャー企業の意味

「ベンチャー企業」には次の意味があります。

新技術・新事業を開発し、事業として発足させた中小企業。(出典:デジタル大辞泉)

「ベンチャー企業」をわかりやすく言うと「世に出ていない革新的な技術やサービスを生み出し、ビジネスとして新しくスタートした企業」という意味になります。
「新興企業」と訳されることも多いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼は彼なりにベンチャー企業での経験で、パソコンユーザー相手のビジネスにある限界を感じていたのだ。
(出典:松永真理『iモード事件』)

・実際このページを見て、是非寄付したいと、連絡してきてくれたベンチャー企業の社長もいました。
(出典:藤原和博『自分「プレゼン」術』)

・戦後のベンチャー企業の代表とされるホンダとソニーは、ほぼ同じ時期に産声を上げた。
(出典:佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』)

・ポストスクリプトと名付けられたその仕組みの開発にあたっていたのも、生まれたばかりのベンチャー企業でした。
(出典:富田倫生『本の未来』)

・気が早いベンチャー企業はもうどんどん面接もはじめていて、毎日のスケジュールも頭の中の思考も就活関係で埋められていく。
(出典:朝井リョウ『何者』)

類語

ベンチャービジネス
意味:新技術や高度な専門性をもち、創造、革新的な事業を展開する新興企業のこと。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

企業 (きぎょう)
意味:利潤追求を目的として,継続的かつ計画的な意図のもとに,生産,販売,サービスなど各種の営利行為を実施する一個の統一された独立の経済的生活体。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

新興企業 (しんこうきぎょう)
意味:新しく設立された企業。(出典:デジタル大辞泉)

商売 (しょうばい)
意味:利益をあげる目的で物を売り買いすること。(出典:デジタル大辞泉)

インディーズ
意味:独立の映画会社。また、そこで作られる自主製作映画をいう。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました