プライベートとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

プライベート

「プライベートを充実させる」などのように使う「プライベート」という言葉。

英語では「private」と表記します。

「プライベート」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「プライベート」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

プライベートの意味

「プライベート」には次の意味があります。

個人的な物事であるさま。公のものでないさま。私的。(出典:デジタル大辞泉)

本人、あるいは、家族や友人など限られた関係者だけが知っているような、ある人の一面を指します。
それを他人の目から守られるべきものとするのが「プライバシー」です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・あの人は昔から、プライベートなところをきっちりさせていたからね。
(出典:林真理子『ピンクのチョコレート』)

・本来ならプライベートに関わるものに目を通してはいけない。
(出典:角田光代『対岸の彼女』)

・どうしたって、プライベートなときの顔や姿が想像できないタイプの男がいる。
(出典:田辺聖子『女の長風呂 I』)

・基本的に休み時間は一人で過ごし、プライベートな会話はほとんどしなかった。
(出典:村田沙耶香『コンビニ人間』)

・友達のプライベートを覗き見しちゃったみたいで、重い気分になったでしょう?
(出典:西尾維新『物語シリーズ 6 猫物語(黒)』)

スポンサーリンク

類語

御忍び(おしのび)
意味:身分の高い人が、身分を隠して外出すること。微行。(出典:デジタル大辞泉)

自家用(じかよう)
意味:自分の家のために使用すること。また、そのもの。(出典:デジタル大辞泉)

非公式(ひこうしき)
意味:公式でないこと。表向きでないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

私人(しじん)
意味:公的な地位や立場を離れた一個人。(出典:デジタル大辞泉)

アットホーム
意味:自分の家にいるようにくつろげるさま。家庭的。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました