フィックスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

フィックス

「待ち合わせ場所をフィックスする」などのように使う「フィックス」という言葉。

英語では、「fix」と表記します。

「フィックス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「フィックス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

フィックスの意味

「フィックス」には次の二つの意味があります。

1 固定すること。定着させること。
2 日時・場所などを決めること。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

フィックスの意味①「固定すること。定着させること。」

「フィックス」の一つ目の意味は「固定すること。定着させること。」です。

フィックス窓やフィックス俳優など、固定して動かないもののことをいいます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ようやく四〇メートルザイルをフィックスしたが、すでに一日の終わりが近づいたので帰ってきた。
(出典:植村直己『青春を山に賭けて』)

・あるだけのザイルをフィックスしたいと思ったが、帰路のことを考えると、これ以上進むのもためらわれた。
(出典:植村直己『エベレストを越えて』)

・フィックスしないカメラワークを心がける。

・条件を満たしたことにより、この案件はフィックスされた。

類語

釘付け(くぎづけ)
意味:そこから動けないようにすること。(出典:デジタル大辞泉)

固定(こてい)
意味:一定していて変化しないこと。(出典:デジタル大辞泉)

固着(こちゃく)
意味:同じ所にとどまって、そのままの状態で定着すること。(出典:デジタル大辞泉)

据え置く(すえおく)
意味:動かさないで、また手をつけないで、そのままの状態にしておく。(出典:デジタル大辞泉)

フィックスの意味②「日時・場所などを決めること。」

「フィックス」の二つ目の意味は「日時・場所などを決めること。」です。

「打ち合わせを明日でフィックスする」のように使う場合は、この意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ずっと決まらなかった打ち合わせがフィックスした。

・待ち合わせ時間を明日の10時でフィックスする。

類語

日程(にってい)
意味:日どり。(出典:デジタル大辞泉)

スケジュール調整(すけじゅーるちょうせい)
意味:日程を整えること。(出典:デジタル大辞泉)

予定(よてい)
意味:行事や行動を前もって定めること。(出典:デジタル大辞泉)

日程調節(にっていちょうせつ)
意味:日にちを整えること(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました