パラレルワールドとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

パラレルワールド

「パラレルワールドは存在する」などのように使う「 パラレルワールド 」

英語では「parallel world」と表記します。

「 パラレルワールド 」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「 パラレルワールド 」の意味や使い方や類語について、用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

パラレルワールド の意味

「パラレルワールド」には次の意味があります。

・観察者がいる世界から、過去のある時点で分岐して併存するとされる世界。並行世界。並行宇宙。(出典:コトバンク)

わかりやすく説明すると、例えば「今朝ご飯を食べた世界」と「今朝ご飯を食べなかった世界」が並行して存在するということです。
「パラレルワールド」は「並行世界」と訳されることが多いです。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

パラレルワールドの使い方・例文

パラレルワールドは存在するのか。

パラレルワールドでは、この花瓶は割れてない。

・タイムトラベルで過去を改変し、パラレルワールドに足を踏み入れる。

スポンサーリンク

類語

並行世界へいこうせかい
意味:パラレルワールド。(出典:デジタル大辞泉)

異世界いせかい
意味:この世界とは別の世界。(出典:デジタル大辞泉)

並行宇宙へいこううちゅう
意味:パラレルワールド。(出典:デジタル大辞泉)

異次元いじげん
意味:異なる次元。また、次元の異なる世界。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました