ノクターンとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ノクターン

「秋の夜長には、ショパンのノクターンが聞きたくなる」などのように使う「ノクターン」という言葉。

英語では、「nocturne」と表記します。

「ノクターン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ノクターン」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ノクターンの意味

「ノクターン」には次の意味があります。

夜を思わせる瞑想(めいそう)的な雰囲気をもつ、ロマン派の楽曲の表題。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

「ノクターン」をわかりやすく言うと「ロマンティックなムード漂う、主にピアノの独奏曲」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・チャイコフスキーという名をどう読むか知ってもいればショパンのノクターンも五、六曲は何とか聞きわける。
(出典:サキ『ザ・ベスト・オブ・サキI』)

・それから次の酒場で始終響いているピアノの東洋的なノクターンふうの曲が、巧妙にヒロインの心理の曲折を描写している。
(出典:寺田寅彦『映画雑感(I)』)

ノクターンは段々大きくなる。
(出典:新井素子『グリーン・レクイエム』)

・道幸は芳子から絶えず創作本能をかきたてられ、一夜のうちにノクターンを作り上げたという。
(出典:酒井美意子『ある華族の昭和史』)

・永井荷風が『新帰朝者日記』の中で、自分をモデルにした語り手にショパンのノクターンとソナタを弾かせた舞台も「苦学生補助会の慈善音楽会」だった。
(出典:紀田順一郎『東京の下層社会』)

類語

夜想曲 (やそうきょく)
意味:「夜の曲」を意味し,ロマン派時代に作られたピアノのための小曲が多い。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

初夜 (しょや)
意味:夕刻から夜半までをいう語。(出典:デジタル大辞泉)

交響詩 (こうきょうし)
意味:詩的あるいは絵画的内容を表現しようとする管弦楽曲。(出典:百科事典マイペディア)

ラプソディー
意味:幻想曲風で自由な形式の19世紀の器楽曲。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

音楽 (おんがく)
意味:音による芸術。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました