ナンセンスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ナンセンス

「ナンセンスな回答だ」などのように使う「ナンセンス」という言葉。

英語では、「nonsense」と表記します。

「ナンセンス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ナンセンス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ナンセンスの意味

「ナンセンス」には次の意味があります。

意味をなさないこと。無意味であること。ばかげていること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「そんなのナンセンスだ」であれば、「そんなのばかげてる(無意味だ)」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・議論を聞いていた軍人の一人が口にしたことは、さらにナンセンスだった。
(出典:山本弘『まだ見ぬ冬の悲しみも』)

・おれは読者を選ぶなどという作者がいますがナンセンスです。
(出典:筒井康隆『大いなる助走』)

・殺人のたびに屍体のそばにカードを残していくというそのこと自体がナンセンスだ。
(出典:鮎川哲也『りら荘事件』)

・夜になるとキツネやタヌキが出る、というナンセンスな噂まであった。
(出典:田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿2 摩天楼』)

・荷物をいくつも抱えて歩くのはナンセンスなんだから。
(出典:九条公人『この愛を贖(あがな)いに代えて』)

類語

無稽(むけい)
意味:根拠がないこと。(出典:デジタル大辞泉)

世迷言(よまいごと)
意味:わけのわからない繰り言を言うこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

出鱈目(でたらめ)
意味:根拠がないこと。(出典:デジタル大辞泉)

戯け(たわけ)
意味:ばかげた言動。(出典:デジタル大辞泉)

空言(くうげん)
意味:実行の伴わない言葉。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました