チートとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

チート

「チート行為」などのように使う「チート」という言葉。

英語では「cheat」と表記します。

「チート」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「チート」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

チートの意味

「チート」には次の意味があります。

《ごまかし、不正行為の意》コンピューターゲームで、プレーヤーがプログラムを不正に改造すること。オンラインゲームなどで、不正な手段でゲームを有利に進めるアイテムを入手することも指す。チーティング。(出典:デジタル大辞泉)

分かりやすく言うと、インチキやイカサマを行って不当に勝つことを意味します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・しかし、貴様が類似のチート技術を利用していることは疑いようもない。
(出典:川原礫『アクセル・ワールド 10 -Elements-』)

チートの疑いをかけられた。

チート行為が横行している。

チートの撲滅に躍起になる。

・君は不正行為、つまりチートをしているのではないだろうか。

類語

不正(ふせい)
意味:正しくないこと。また、その行為や、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

いんちき
意味:ばくちなどで、相手の目をごまかして不正を行うこと。また、そういうごまかしがあるさま。(出典:デジタル大辞泉)

ごまかし
意味:(「胡魔化・誤魔化」などはあて字) 見せかけはよいが内容の伴わないこと。だまして人目をまぎらわすこと。目さきや表面だけをつくろうこと。(精選版 日本国語大辞典)

如何様(いかさま)
意味:いかにも本当らしく見せかけること。また、そのさまや、そのもの。いんちき。(デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました