シンクタンクとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

シンクタンク

「私はシンクタンクに勤めています」などのように使う「シンクタンク」という言葉。

英語は「think tank」と表記します。

「シンクタンク」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「シンクタンク」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

シンクタンクの意味

「シンクタンク」には次の意味があります。

頭脳集団などと訳す。各分野の専門家を広く集めた高度な研究組織。(出典:百科事典マイペディア)

「シンクタンク」をわかりやすく言うと「政府や企業が、政策や経営方針の意思決定をする際に必要な現状分析・未来予測・社会研究などを請負い、助言も行う独立的な集合体」になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・各シンクタンクは悲観的な予測値を次々と発表し、逆に政府は沈黙した。
(出典:安生正『生存者ゼロ』)

・どんなに優秀な学者やシンクタンクでも、それは無理な相談だ。
(出典:石田衣良『波のうえの魔術師』)

・我々も昨年来、日米のシンクタンクに調査を依頼してきたが、現段階でも結論を出すに至っていない。
(出典:佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』)

・大手シンクタンク勤務と並行し、翻訳・執筆活動を展開。
(出典:井上トシユキ,神宮前.org『2ちゃんねる宣言 挑発するメディア』)

・入社二年目にしてなぜか突然シンクタンクを退社。
(出典:山崎マキコ『ためらいもイエス』)

類語

コンサルタント
意味:ある特定分野において専門的知識と経験を有し,顧客の持込む問題に対して相談に応じたり,助言を提供したりすることを職業とする人をいう。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

私的諮問機関(してきしもんきかん)
意味:国の行政機関や地方公共団体の執行機関に設けられる会合。外部の有識者や実務経験者を招いて、行政上の課題について議論・提言を行う。(出典:デジタル大辞泉)

アドバイザー
意味:忠告者。助言者。顧問。カウンセラー。(出典:精選版 日本国語大辞典)

メンター
意味:優れた指導者。助言者。恩師。顧問。信頼のおける相談相手。(出典:デジタル大辞泉)

顧問(こもん)
意味:会社、団体などで、相談を受けて意見を述べる役。また、その人(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました