シェアとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

シェア

「人とシェアする」などのように使う「シェア」という言葉。

英語では「share」と書きます。

「シェア」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「シェア」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

シェアの意味

「シェア」には次の二つの意味があります。

1分けること。分配。分担。また、市場占有率。
2共同でもつこと。共有。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

シェアの意味①「分けること。分配。分担。また、市場占有率。」

「シェア」の一つ目の意味は「分けること。分配。分担。また、市場占有率。」です。

簡単に言うと、一つのものを二つ以上に分けることです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

シェアを落としたものの、ソニーの販売台数は飛躍的に増えたのである。
(出典:佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』)

・県下で圧倒的なシェアを占めており、宅配契約をしている家庭も多い。
(出典:海月ルイ『プルミン』)

・よほどのことがない限り、多少のシェアの変動はあっても順位が変わることはない。
(出典:佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』)

・我が社の利益やシェアは、個人の利益や欲望の象徴だった。
(出典:片岡義男『日本語の外へ(下)』)

類語

配当(はいとう)
意味:割り当てて配ること。配分すること。(出典:デジタル大辞泉)

取り高(とりだか)
意味:取った量。収穫高。とれだか。(出典:大辞林 第三版)

分け前(わけまえ)
意味:各自に分けて与えられる分。(出典:デジタル大辞泉)

一口乗る(ひとくちのる)
意味:金もうけの話や何人かでする仕事に加わる。 (出典:大辞林 第三版)

シェアの意味②「共同でもつこと。共有。」

「シェア」の二つ目の意味は「共同でもつこと。共有。」です。

わかりやすく言うと、一つのものを自分と他人で所有すること、になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・まるで友人同士で部屋をシェアしているような生活で、十年がたった。 問題は何もない。
(出典:山本文緒『紙婚式』)

・タイムシェアされている部分もあれば、並行処理されているものもある。 
(出典:森博嗣『四季 4 冬』)

・一つだけ頼んでそれをシェアというわけにはいかないかな。
(出典:米澤穂信『夏期限定トロピカルパフェ事件』)

・でも、武が言うには、同棲ではなくてルームシェアだというのです。
(出典:今邑彩『暗黒祭(「蛇神」シリーズ最終巻)』)

類語

共有(きょうゆう)
意味:一つの物を二人以上が共同で持つこと。(出典:デジタル大辞泉)

共同(きょうどう)
意味:一つの目的のために複数の人が力を合わせること。 (出典:大辞林 第三版)

共用(きょうよう)
意味: 二人以上が共同で使うこと。(出典:デジタル大辞泉)

分かち合い(わかちあい)
意味:分けあう。 (出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました