コンフィデンスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

コンフィデンス

「弊社のコンフィデンス」などのように使う「コンフィデンス」という言葉。

英語では「confidence」と表記します。

「コンフィデンス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「コンフィデンス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

コンフィデンスの意味

「コンフィデンス」には次の二つの意味があります。

1 信用。信頼
2 自信。確信。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

コンフィデンスの意味① 信用。信頼

「コンフィデンス」の一つ目の意味は「信用。信頼。」です。

それが確かなものと信じて受け入れることを言います。ビジネスシーンで使われる事が多い。
また、信用度を表す名詞としても使用される。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・弊社のコンフィデンスが向上するような仕事ぶりをみせた。

・新製品のコンフィデンスが昨月より3%向上した。

・A商品についてB商品の関連購買はコンフィデンス60%である。

類語

リアシュアランス
意味:安心を与えること。安心の供与。新たな自信。再保証。(出典:デジタル大辞泉)

支持率(しじりつ)
意味:人または団体が、ある集団内でどのくらい支持されているかの割合。(出典:デジタル大辞泉)

評価(ひょうか)
意味:ある事物や人物について、その意義・価値を認めること。(出典:デジタル大辞泉)

コンフィデンスの意味②「自信。確信。」

「コンフィデンス」の二つ目の意味は「自信。確信。」です。

物事の価値を信じて疑わない事。こちらもビジネスシーンで使用される事がある。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・A社に投資するコンフィデンスがある。

・取締役にはコンフィデンスがあり、部下からの人望も厚い。

コンフィデンスを持って作業が出来るよう、リサーチを怠らない。

類語

自負(じふ)
意味:自分の才能・知識・業績などに自信と誇りを持つこと。(出典:デジタル大辞泉)

覚え(おぼえ)
意味:技術などに対する自信。(出典:デジタル大辞泉)

自負心(じふしん)
意味:自分の才能や仕事について自信を持ち、誇りに思う心。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました