コラボレーションとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

コラボレーション

「企業とのコラボレーション」などのように使う「コラボレーション」という言葉。

英語では「collaboration」と表記します。

「コラボレーション」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「コラボレーション」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

コラボレーションの意味

「コラボレーション」には次の意味があります。

共同で行う作業や制作。特に、複数企業による共同開発や共同研究、芸術家たちによる共同制作や共演などをいう。(出典:大辞林 第三版)

「コラボレーション」をわかりやすく言うと「異なる分野の人が協力して作ること」という意味になります。
「コラボレーション」は「コラボ」と省略して言うことも多いです。

また、比喩的に、異なる種類のものが一緒になることなども「コラボレーション」と言うことがあります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・プロデューサー重源とアーティスト快慶のコラボレーションを、時を超えて見ることができる。
(出典:柴門ふみ『ぶつぞう入門(下)』)

・エステとか、ジムとか、レストランとか、いろんなものとコラボレーションしていく時代になるんじゃないかな。
(出典:金益見『ラブホテル進化論』)

・独特の泣き出しそうな息遣いと無言のコラボレーションが電話口からトロトロと溢れ出てくる。
(出典:竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第02巻』)

・実際、どんなミュージシャンと出会って音を出しても、全て主張し合うコラボレーションなんだ。
(出典:尾崎豊『堕天使達のレクイエム』)

・山崎製パンのランチパックは、さまざまはテレビ番組とのコラボレーション商品を発売している。

スポンサーリンク

類語

合作(がっさく)
意味:力を合わせてある作品を作ること。(出典:大辞林 第三版)

協働(きょうどう)
意味:同じ目的のために、協力して働くこと。(出典:大辞林 第三版)

提携(ていけい)
意味:互いに助け合って協同で事業などをすること。(出典:大辞林 第三版)

タイアップ
意味:協力・提携して行うこと。(出典:デジタル大辞泉)

二人三脚(ににんさんきゃく)
意味:両者が協力して物事を行うこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました