イノベーションとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

イノベーション

「イノベーションを起こす」などのように使う「イノベーション」という言葉。

英語では「innovation」と表記します。

「イノベーション」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「イノベーション」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

イノベーションの意味

「イノベーション」には次の意味があります。

これまでとは異なった新しい発展。刷新。技術革新。新機軸。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「イノベーション」は今までとは全く違う新たな視点や工夫、方法などのことや、今まであった物事を新しく改善することなどを指します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それが怖いのだ。 そういう人間が多いところでは、新しい創造なりイノベーションは生まれない。
(出典:中川靖造『創造の人生 井深大』)

・それと松本清張さんに代表される「社会派推理」もあった。それで、次のイノベーションとして、「伝奇推理」っていうのをやりたいというのが編集部の希望だったんですね。
(出典:C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』)

・これも教育の世界にもイノベーションをもちこまなければ、本当の意味の人づくりはできないという井深の執念があればこそのような気がしてならない。
(出典:中川靖造『創造の人生 井深大』)

・批評性と創造の間の関係に思いを馳せることは、単に芸術や科学におけるイノベーションのメカニズムを解き明かすことだけでなく、日本の現状を引き受け、それを肯定的に変えていくことと必ず結びつく。
(出典:茂木健一郎『思考の補助線』)

・一般的にいって、企業の競争力の源泉がイノベーションから顧客価値の創出に至る知識の創造である、という理解は進んでいますが、まだ従来のやり方以外のあたらしい方法が検討されていないともいえます。
(出典:野中郁次郎/紺野登『知識経営のすすめ』)

スポンサーリンク

類語

改革かいかく
意味:従来の制度などを改めてよりよいものにすること。(出典:デジタル大辞泉)

刷新さっしん
意味:弊害を除き去って、全く新しいものにすること。(出典:デジタル大辞泉)

インベンション
意味:思いつき。発明。工夫。(出典:精選版 日本国語大辞典)

画期的かっきてき
意味:これまでとは時代をくぎるほど目覚ましいさま。(出典:デジタル大辞泉)

革新かくしん
意味:習慣、制度、組織、方法などを改めて、新しくすること。現状を変えること。改新。変革。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました