アーバンとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アーバン

「アーバンリゾート」などのように使う「アーバン」という言葉。

英語では、「urban」と表記します。

「アーバン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アーバン」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アーバンの意味

「アーバン」には次の意味があります。

多く複合語の形で用い、都市の、都会的な、の意を表す。(出典:デジタル大辞泉)

「アーバン〇〇」などのように、「都会的な〇〇」のように使われることが多いです。
対義語には「田舎の」という意味がある「ノーラル」が挙げれます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

アーバンマンション前はどれに乗りゃいいのかって言い終えないうちに、お客さまあちらにバスネットくんがございますので!
(出典:角田光代『空中庭園』)

・名刺には「アーバン・プランナー」という文字が刷られ、彼は念願だったエリア開発に乗り出していく。
(出典:林真理子『ロストワールド』)

アーバン系音楽の影響を受けて育った。

・建築科の卒論で、アーバン・デザインについて論文を書いた。

類語

都会(とかい)
意味:人口が密集した繁華な土地。(出典:精選版 日本国語大辞典)

都市(とし)
意味: 人口の集中した地域で、政治・経済・文化の中心になっている大きなまち。(出典:精選版 日本国語大辞典)

垢抜け(あかぬけ)
意味:都会風に洗練されてすっきりと粋(いき)なこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

都心(としん)
意味:大都会の中心部。(出典:デジタル大辞泉)

都下(とか)
意味:都のうち。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました