Tシャツとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

Tシャツ

「Tシャツを洗濯する」などのように使う「Tシャツ」という言葉。

「Tシャツ」は、「ティーシャツ」と読みます。

「Tシャツ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「Tシャツ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

Tシャツの意味

「Tシャツ」には次の意味があります。

衿ぐりがまるく頭からかぶる形のニット・シャツ。袖を広げるとTの形になるためこの名がある。もともとは下着だったが,1960年代後半以降服装のカジュアル化とともに,ジーンズなどと組み合わせて着られるようになった。(出典:百科事典マイペディア)

もともとは下着でしたが、現在ではカジュアルウェアとして一般化しており、ブランド品など高価なものも多くなっています。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・金髪の女の人がTシャツにジーンズをはいて自転車に乗って画面を通過。
(出典:姫野カオルコ『初体験物語』)

・肌の色は白く、どこにでも売っているような黒いTシャツを着ている。
(出典:乙一『GOTH -リストカット事件』)

・暗くてよくわからなかったけど、たしかに青っぽい緑のTシャツだった。
(出典:池澤夏樹『キップをなくして』)

・下はジャージに長袖のTシャツというラフな格好で自転車を押している。
(出典:万城目学『鹿男あをによし』)

・冬のコートを着ている写真もあれば、夏らしくTシャツ姿の写真もある。
(出典:三上延『シャドウテイカー2 アブサロム』)

スポンサーリンク

類語

ワイシャツ
意味:背広の下に着用するシャツのこと。ネクタイとともに着装する。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

ロンTロンティー
意味:「ロングTシャツ」の略。俗に、長袖のTシャツのこと。(出典:デジタル大辞泉)

ジーンズ
意味:細綾織のじょうぶな綿布。ふつう作業衣などに用いられ、紺色に染めたものが多い。ジーン。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ブラウス
意味:婦人・女児用の、腰丈、あるいはそれより長めのゆったりした上衣。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

開襟シャツかいきんシャツ
意味:男子用の、前襟の開いた半袖のシャツ。ネクタイを結ばないで着用する。開襟。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました