形容詞

スポンサーリンク
形容詞

烏滸がましいとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

烏滸がましい 「こんなことを言うのは烏滸がましいのですが」などのように使う「烏滸がましい」という言葉。「烏滸がましい」は、音読みで「おこがましい」と読みます。「烏滸がましい」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「烏滸が...
二字熟語

万全とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

万全 「万全の注意を払う」などのように使う「万全」という言葉。「万全」は、音読みで「ばんぜん」と読みます。「万全」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「万全」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、...
形容詞

煩わしいとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

煩わしい 「煩わしい手続き」などのように使う「煩わしい」という言葉。 「煩わしい」は、訓読みで「わずらわしい」と読みます。 「煩わしい」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「煩わしい」の意味や使い方...
名詞

抽象とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

抽象 「抽象的な言葉」などのように使う「抽象」という言葉。「抽象」は、音読みで「ちゅうしょう」と読みます。「抽象」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「抽象」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、...
形容詞

不甲斐ないとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

不甲斐ない 「自分が不甲斐ない」などのように使う「不甲斐ない」という言葉。「不甲斐ない」は「ふがいない」と読みます。「不甲斐ない」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「不甲斐ない」の意味や使い方や類語について、小説など...
形容詞

鼻持ちならないとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

鼻持ちならない 「鼻持ちならないエリート」などのように使う「鼻持ちならない」という言葉。「鼻持ちならない」は、訓読みで「はなもちならない」と読みます。「鼻持ちならない」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「鼻持ちならな...
形容詞

バタ臭いとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

バタ臭い 「バタ臭い雰囲気」などのように使う「バタ臭い」という言葉。「バタ臭い」は、訓読みで「ばたくさい」と読みます。「バタ臭い」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「バタ臭い」の意味や使い方や類語について、小説などの...
二字熟語

未熟とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

未熟 「未熟な人」などのように使う「未熟」という言葉。「未熟」は、音読みで「みじゅく」と読みます。「未熟」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「未熟」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりや...
形容詞

由々しいとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

由々しい 「由々しい問題」などのように使う「由々しい」という言葉。「由々しい」は、音読みで「ゆゆしい」と読みます。「由々しい」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「由々しい」の意味や使い方や類語について、小説などの用例...
形容詞

そこはかとないとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

そこはかとない 「そこはかとなく感じる」などのように使う「そこはかとない」という言葉。「そこはかとない」は、訓読みで「そこはかとない」と読みます。「そこはかとない」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「そこはかとない」...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました