鮮烈とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

鮮烈

「鮮烈な色」などのように使う「鮮烈」という言葉。

「鮮烈」は、音読みで「せんれつ」と読みます。

「鮮烈」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「鮮烈」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

鮮烈の意味

「鮮烈」には次の意味があります。

あざやかではっきりしていること。激しく、生き生きとしていること。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「鮮烈」をわかりやすく言うと「鮮やかで激しいさま」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼女の演奏する曲の優しい調べは、今も耳に残っているほど鮮烈だった。
(出典:相沢沙呼『午前零時のサンドリヨン』)

・彼女の脳裏には、殺されかけた時に覚えた恐怖が鮮烈に焼きついていた。
(出典:山本弘『サーラの冒険 6 やっぱりヒーローになりたい !』)

・半世紀後の今日もなお、昨日のことのように鮮烈な印象がのこっている。
(出典:中野好夫/安野光雅編『悪人礼賛 ―中野好夫エッセイ集』)

・あれはもう、茫漠とした夢の領域からはみだしてしまった鮮烈さだった。
(出典:藤堂志津子『熟れてゆく夏』)

・けど鮮烈な死のイメージがつきまとい、俺は憑かれたように遊び続けた。
(出典:FlyingShine『CROSS†CHANNEL-†2 2,「CROSS POINT(2周目)」』)

類語

歴然れきぜん
意味:まぎれもなくはっきりしているさま。(出典:デジタル大辞泉)

截然さいぜん
意味:物事の区別がはっきりしているさま。(出典:デジタル大辞泉)

明白めいはく
意味:あきらかで疑う余地のないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

明瞭めいりょう
意味:はっきりしていること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

刺激的しげきてき
意味:知覚や感覚に強く影響を及ぼすさま。気持ちを興奮させるさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました