魅了とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

魅了

「大衆を魅了する」などのように使う「魅了」という言葉。

「魅了」は、音読みで「みりょう」と読みます。

「魅了」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「魅了」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

魅了の意味

「魅了」には次の意味があります。

人の心をすっかりひきつけて、うっとりさせてしまうこと。(出典:デジタル大辞泉)

つまり「魅了」とは、「人を引き付けて、夢中にさせてしまうこと」という意味です。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・緑竜は窓から見える光景に魅了され何時間も愉しめるというわけだった。
(出典:アン・マキャフリイ『パーンの竜騎士シリーズ(全16巻) 14 竜の挑戦〔下〕』)

・彼のほうは、楽器を用い、口から出てくる魔力で人間を魅了したのです。
(出典:プラトン/戸塚七郎訳『饗宴』)

・私は彼等が提供している、人を魅了するような光景に興奮と興味とを覚えた。
(出典:吉田秀夫『人口論』)

・けれどそんな特徴よりも、自分が何より魅了されたのは式の目だった。
(出典:奈須きのこ『空の境界 (上)』)

・麻耶子にはまたそういう倒錯的な青年を魅了するなにかがあったようです。
(出典:横溝正史『金田一耕助全集 横溝正史 「夜の黒豹」』)

類語

魅力(みりょく)
意味:人の心をひきつけ夢中にさせる力。(出典:精選版 日本国語大辞典)

魅惑(みわく)
意味:人の心をひきつけ、理性を失わせること。(出典:デジタル大辞泉)

悩殺(のうさつ)
意味:ひどくなやますこと。特に、女性がその美しさや性的魅力で男性の心をかき乱し、夢中にさせること。(出典:デジタル大辞泉)

蠱惑(こわく)
意味:珍しさ、美しさなどで人の心をひきつけてまどわすこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

チャーミング
意味:人の心を引きつけるような魅力のあるさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました