食材とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

食材

「季節の食材を使った料理」などのように使う「食材」という言葉。

「食材」は、音読みで「しょくざい」と読みます。

「食材」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「食材」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

食材の意味

「食材」には次の意味があります。

料理の材料。(出典:デジタル大辞泉)

「食材」をわかりやすく言うと「料理に使う魚介や肉や野菜などの材料」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・だから冷蔵庫にあった残っている食材をばんばん入れてみたんですよう!
(出典:暁works『るいは智を呼ぶ3 鳴滝こより』)

・舞もそこに属するが、今は苦心惨憺して食材を調達することにしている。
(出典:榊涼介『ガンパレード・マーチ 5-5121小隊 episode ONE』)

・大きな花束と食材を抱えて部屋に戻ると、久しぶりに部屋の掃除をした。
(出典:大石圭『檻の中の少女』)

・熟れた兎たちの魅惑的な肉を前に、腕をまくらずしては料理人の名折れ!!僕は今、君と言う最高の食材を得て最高の料理に腕を振るっているんだよ!!!
(出典:竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 5 目明し編TIPS&おまけ』)

・わたしのお友達のご主人が貿易やっていて、中華の食材、たくさん送ってきてくれたの。
(出典:筒井康隆『恐怖』)

スポンサーリンク

類語

材料(ざいりょう)
意味:物を製造するとき、もととして用いる物。原料。しろ。たね。(出典:精選版 日本国語大辞典)

素材(ざいりょう)
意味:もととなる材料。原料。(出典:精選版 日本国語大辞典)

糧食(りょうしょく)
意味:食料。かて。(出典:精選版 日本国語大辞典)

食物(しょくもつ)
意味:たべもの。広くは飲み物をも含めていう。(出典:精選版 日本国語大辞典)

食品(しょくひん)
意味:人が日常摂取する飲食物の総称。食料品。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました