類語とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

類語

「類語辞典」などのように使う「類語」という言葉。

「類語」は、音読みで「るいご」と読みます。

「類語」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「類語」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

類語の意味

「類語」には次の意味があります。

意味の似かよった語。類義語。(出典:大辞林 第三版)

わかりやすく言うと、「わずかな違いはあるが意味の似ている言葉」という意味です。
例えば「美しい」と「きれい」、「天気」と「天候」などです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ 勉強熱心な私は知らない単語が出てくると、ついでに類語も検索する。 
(出典:田丸公美子『パーネ・アモーレ イタリア語通訳奮闘記』)

・勝手にテンションを上げているのはいいとして、いったいそれはどこの類語辞典に新規登録された冗談じょうだんだ? 
(出典:谷川流『涼宮ハルヒの驚愕(後)』)

・ふつうの国語辞典のほかに,文章を書くときには,類語や反対語を集めたシソーラスを手許に置いておきたい.
(出典:木下是雄『レポートの組み立て方』)

・ほかに、「麦飯で鯉釣る」があり、「しゃくで鯉釣る」「蝦を将って鼈を釣る」などの類語があります。
(出典:平野雅章『熱いが御馳走 食物ことわざ事典II』)

・コンピューターの検索支援システムはそれらのキーワードから検索意図をくみとり、類語辞典にある「生態」「自然保護活動」などのキーワードを自動的に加えた。
(出典:野尻抱介『クレギオン 2 フェイダーリンクの鯨』)

スポンサーリンク

類語

類義語(るいぎご)
意味:語形は異なっているが、意味の似かよっている二つ以上の語。「家」と「住宅」、「言う」と「話す」などの類。類語。(出典:デジタル大辞泉)

・同義語(どうぎご)
意味:発音や表記は異なるが、意味の同じである語。「あす・あした・明日(みょうにち)」「登山・山登り」「ピンポン・卓球」などの類。同意語。シノニム。(出典:大辞林 第三版)

シノニム
意味:語形は異なるが、ほぼ同じ意味をもつ語。同義語。(出典:大辞林 第三版)

同意語(どういご)
意味: 同じ意味を表わすことば。同義語。(出典:精選版 日本国語大辞典)

シソーラス
意味:同義語・類義語などを分類・整理した語彙集。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました