顕在とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

顕在

「顕在化する」などのように使う「顕在」という言葉。

「顕在」は、音読みで「けんざい」と読みます。

「顕在」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「顕在化」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

顕在化の意味

「顕在」には次の意味があります。

はっきりと形にあらわれて存在すること。(出典:デジタル大辞泉)

物事がはっきりとしていて、それが形としてわかることという意味になります。今まで隠れていたことがはっきりしたときに使わる言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・つまり潜在意識と顕在意識が一体になって、より多くのことを知ったのだ。
(出典:横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』)

・そうでなければ社会の中に分裂と抗争が顕在化することになるだろう。
(出典:八木誠一『キリストとイエス―聖書をどう読むか』)

・十四年間のタブーの、それはゆっくりとした顕在化の一瞬であった。 
(出典:石牟礼道子『苦海浄土』)

・自分に関する過去の情報は、顕在記憶として脳内に蓄えられている。
(出典:澤口俊之『あぶない脳』)

・むしろ、町壊しは今のほうが顕在化し激化している印象を受けます。
(出典:姉小路祐『死の逆転 ―京都が危ない』)

類語

顕現けんげん
意味:はっきりと姿を現すこと。はっきりとした形で現れること。(出典:デジタル大辞泉)

表面化ひょうめんか
意味:隠れていた物事が、おもてに現れること。(出典:デジタル大辞泉)

露呈ろてい
意味:隠れていた事柄が表面に現れ出ること。また、さらけ出すこと。(出典:デジタル大辞泉)

明確めいかく
意味:はっきりしていてまちがいのないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

自明じめい
意味:おのずからあきらかなこと。他の証明がなくても、それ自身ですでに明らかなこと。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典))

タイトルとURLをコピーしました