革新とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

革新

「革新的な考え」などのように使う「革新」という言葉。

「革新」は、音読みで「かくしん」と読みます。

「革新」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「革新」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

革新の意味

「革新」には次の意味があります。

旧来の制度・組織・方法・習慣などを改めて新しくすること。特に、政治では、現状を改革しようとする立場。(出典:デジタル大辞泉)

「革新」をわかりやすく言うと「現在の状況を変えて、新しくしようとすること」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・すべてそれらの革新は、家の人々が気づかぬ間に彼のうちに成し遂げられた。
(出典:ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』)

・十年という歳月の間に、登山界にも技術革新が行なわれていたのである。
(出典:植村直己『エベレストを越えて』)

・二条系が伝統的保守派であるならば、冷泉系は革新的自由派であった。
(出典:久保田正文『百人一首の世界』)

・しかし、気取りやのフランスでは、これは大きな革新になるでしょう。
(出典:スタンダール『赤と黒』)

・京都ほど、過去と現代、伝統と革新が重なり合っている都市はないだろう、と。
(出典:柄刀一『400年の遺言 死の庭園の死』)

類語

改革(かいかく)
意味:従来の制度などを改めてよりよいものにすること。(出典:デジタル大辞泉)

刷新(さっしん)
意味:それまでの悪い面を一掃して事態を全く新しくすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

改善(かいぜん)
意味:悪いところを改めてよくすること。(出典:デジタル大辞泉)

変革(へんかく)
意味:変えて新しいものにすること。(出典:デジタル大辞泉)

再編成(さいへんせい)
意味:現在の編成を崩して組み直すこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました