電子マネーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

電子マネー

「カードタイプの電子マネー」などのように使う「電子マネー」という言葉。

英語で「digital money」と表記します。

「電子マネー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「電子マネー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

電子マネーの意味

「電子マネー」には次の意味があります。

デジタルデータ化された貨幣。(出典:デジタル大辞泉)

貨幣の役割をする物といえば現金を思い浮かべますが、最近では電子マネーも使用されています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

電子マネーの使い方・例文

電子マネーの市場に嘘のデータを流すだけで現実は動きます。それが本当のデータであったのとまったく同じようにです。
(出典:北野勇作『かめくん』)

・正しくは、日本円ではなく電子マネーだが、今はあれで払えないものはないからな。
(出典:川原礫『ソードアート・オンライン 第5巻』)

・その仕草から、電子マネーで支払をするのだなと咄嗟に判断する。
(出典:村田沙耶香『コンビニ人間』)

・決済に関しても、注文や情報の送付と同時に交換できる電子マネーが確立されていれば、そちらを使いたいのはやまやまです。
(出典:富田倫生『本の未来』)

・何か忘れているような気がしながらも、ニューロリンカーをグローバル接続すると、すぐにちゃりーんという効果音とともに電子マネー残高が加算された。「いってきます」 ふたたび声をかけたが、もう返事はなかった。
(出典:川原礫『アクセル・ワールド 第1巻 黒雪姫の帰還』)

類語

仮想通貨(かそうつうか)
意味:紙幣や硬貨のような現物をもたず、電子データのみでやりとりされる通貨(出典:デジタル大辞泉)

プリぺイドカード
意味:分散型ネットワークを構成する多数のコンピューターに、公開鍵暗号などの暗号技術を組み合わせ、取引情報などのデータを同期して記録する手法。ビットコインなどの暗号通貨に用いられる基盤技術。(出典:デジタル大辞泉)

ICカード(あいしーかーど)
意味:ICを組み入れたカード。キャッシュカードやクレジットカード、プリペイドカードなどに利用される。従来の磁気カードに比べ、大量の情報を記録でき、また偽造されにくいという特徴をもつ。(出典:デジタル大辞泉)

暗号通貨(あんごうつうか)

意味:不正防止のため、高度な暗号技術を用いる仮想通貨。クリプトカレンシー。(出典:デジタル大辞泉)

おサイフケータイ
意味:ソニーが開発した非接触型ICカード機能、FeliCaを搭載した携帯電話の総称。または同技術を用いたサービスのこと。現金を使わず、レジで専用機に携帯電話をかざすだけで支払いが可能。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました