零落とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

零落

「零落する」などのように使う「零落」という言葉。

「零落」は、音読みで「れいらく」と読みます。

「零落」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「零落」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

零落の意味

「零落」には次の意味があります。

落ちぶれること。「零落した華族の末裔」(出典:デジタル大辞泉)

「零落(こぼれお)ちる」と送り仮名を伴う場合は、水が溢れて落ちる様子や、花や葉が散っていく様子などをあらわします。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それが零落して、何とまあ窮迫した姿だろう!
(出典:ドーデ /村上菊一郎訳 『風車小屋便り』)

・つくづく彼は自分の精神の零落を感じた。
(出典:島崎藤村 『新生』)

・多くの者は、ただ零落するのを待つよりなくなる。
(出典:木内昇 『漂砂のうたう』)

・此は、神が零落した例である。
(出典:折口信夫 『古代人の思考の基礎』)

・ある邪心の命令で、ただもう零落させてやっただけなのです。
(出典:サド/大場正史訳 『ソドムの百二十日』)

類語

凋落(ちょうらく)
意味:おちぶれること。落魄。「一家が凋落する」(出典:デジタル大辞泉)

没落(ぼつらく)
意味:栄えていたものが衰えること。「没落した貴族」(出典:デジタル大辞泉)

廃滅(はいめつ)
意味:すたれてほろびること。(出典:デジタル大辞泉)

落魄(らくはく)
意味:衰えて惨めになること。落ちぶれること。(出典:デジタル大辞泉)

斜陽(しゃよう)
意味:勢威・富貴などが衰亡に向かっていること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました