集団とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

集団

「集団で移動する」などのように使う「集団」という言葉。

「集団」は、音読みで「しゅうだん」と読みます。

「集団」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「集団」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

集団の意味

「集団」には次の二つの意味があります。

1 人や動物、また、ものが集まってひとかたまりになること。また、その集まり。群れ。
2 なんらかの相互関係によって結ばれている人々の集まり。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

集団の意味①「人や動物、また、ものが集まってひとかたまりになること。また、その集まり。群れ。」

「集団」の一つ目の意味は「人や動物、また、ものが集まってひとかたまりになること。また、その集まり。群れ。」です。

単純に、人や動物や物が集まることを言います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・あたかもその集団は一つの怪物となりただ一つの魂を有してるようだった。
(出典:ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』)

・一行は、ハリーがいままで見てきた中でも最大の光の集団に向かっていた。
(出典:ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 5 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』)

・猫の大集団がうようよと歩いているのだ。
(出典:萩原朔太郎『猫町』)

・急ぎ足で歩いている集団の中にいるにもかかわらず、今の自分は無防備。
(出典:ダイアナ・W・ジョーンズ『わたしが幽霊だった時』)

スポンサーリンク

類語

固・塊(かたまり)
意味:一つ所により集まっているもの。一団。(出典:精選版 日本国語大辞典)

群れ(むれ)
意味:なかま。同類。やから。(出典:デジタル大辞泉)

集まり(あつまり)
意味:共通の目的で人が大ぜい寄り合うこと。集会。会合。寄り合い。(出典:デジタル大辞泉)

群集(ぐんしゅう)
意味:人が多く群がり集まること。また、その集まった人々。ぐんじゅ。むれ。(出典:デジタル大辞泉)

集団の意味②「なんらかの相互関係によって結ばれている人々の集まり。」

「集団」の二つ目の意味は「なんらかの相互関係によって結ばれている人々の集まり。」です。

単純な集まりではなく、互いに影響を及ぼし合うような関係がある人たちの集まりを意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・もしかすると別の革命集団ができたのかもしれないと思い始めた。
(出典:ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』)

・軍事的にも最も決勝戦争の困難なのは太平洋を挟んだ両集団であります。
(出典:石原莞爾『最終戦争論』)

集団見合の行われる多摩河原は私の家からちょうど散歩に手頃の距離だ。
(出典:坂口安吾『集団見合』)

・これらの専門家は一つの社会的集団としての勢力をもつまでに成長した。
(出典:中井正一『調査機関』)

スポンサーリンク

類語

連中(れんちゅう)
意味:つれ。仲間。くみの人々。ひとかたまりの人々。また、つれだつこと。仲間であること。仲間にすること。れんちゅう。(出典:精選版 日本国語大辞典)

手合い(てあい)
意味:連中。やつら。やや軽蔑していう。(出典:デジタル大辞泉)

同輩(どうはい)
意味:同じ身分のもの。同じ位のもの。仲間。等輩。(出典:精選版 日本国語大辞典)

一類(いちるい)
意味:同じ種類。また、同じ仲間。同類。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました