スポンサーリンク

防御とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

防御

「攻撃を防御する」などのように使う「防御」という言葉。

「防御」は、音読みで「ぼうぎょ」と読みます。

「防御」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「防御」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

防御の意味

「防御」には次の意味があります。

敵の攻撃などを防ぎ守ること。(出典:デジタル大辞泉)

敵からの攻撃を受けることを想定し、身を守るために行う手段を防御と言います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・一方で副獣は突き出される槍に対して大剣を横にして防御の構えを取る。
(出典:井上堅二『バカとテストと召喚獣 6』)

・しかし彼とても、対応防御策を即座に指示することまではできなかった。
(出典:九里史生『SAO-Web-0406-第八章1』)

・攻撃側よりも防御側が有利な条件であれば、しばしば起こりうることだ。
(出典:丈月城『カンピオーネ! 2 魔王来臨』)

・ただこの場合には、これが防御として使われていないのは明らかです。
(出典:アーサー・C・クラーク『宇宙のランデヴー』)

・攻撃は最大の防御なりとばかりに、真実を語る人を激しく非難するのです。
(出典:岩月謙司『男は女のどこを見るべきか』)

類語

防衛ぼうえい
意味:他からの攻撃に対して、防ぎ守ること。(出典:デジタル大辞泉)

保護ほご
意味: 危険などから、弱いものをたすけまもること。かばうこと。ほうご。(出典:精選版 日本国語大辞典)

警固けいご
意味:軍陣のかまえ。備えの様子。形勢。動静。(出典:精選版 日本国語大辞典)

警備けいび
意味:変事にそなえて警戒し防備すること。非常にそなえる準備。(出典:精選版 日本国語大辞典)

弁護べんご
意味:その人の利益になるように主張して助けること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました