鏡花水月とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

鏡花水月

「鏡花水月のような儚さ」などのように使う「鏡花水月」という言葉。

「鏡花水月」は、音読みで「きょうかすいげつ」と読みます。

「鏡花水月」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「鏡花水月」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

鏡花水月の意味

「鏡花水月」には次の意味があります。

鏡に映った花や水に映った月のように、目には見えながら手にとることができないもの。(出典:デジタル大辞泉)

簡単に言い換えると儚い幻想を表しています。また感じ取ることはできても説明が上手くできない状況のときに使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼女は鏡花水月のように儚く微笑んだ。

・言葉では言い表せなくて鏡花水月のような儚さがある。

・この絵画は儚くて幻想的で、鏡花水月のような趣を感じる。

・夢の中に出てきた父は、鏡花水月みたいに触れたら消えてしまいそうな気がした。

類語

幻想的げんそうてき
意味:現実の世界から離れた、夢を見ているようなさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

夢想むそう
意味:夢のようにあてもないことを想像すること。空想すること。(出典:デジタル大辞泉)

落花流水らっかりゅうすい
意味: 散る花と流れる水。(出典:デジタル大辞泉)

夢幻泡影むげんほうよう
意味:夢と幻と泡と影。人生のはかないことのたとえ。(出典:デジタル大辞泉)

水月鏡花すいげつきょうか
意味:目には見えても見るだけで、実際に手に取ることができないこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました