鉄板とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

鉄板

「鉄板で焼く」などのように使う「鉄板」という言葉。

「鉄板」は、音読みで「てっぱん」と読みます。

「鉄板」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「鉄板」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

鉄板の意味

「鉄板」には次の二つの意味があります。

1 鉄を延ばして板状にしたもの。鉄の板。
2 俗に、間違いないこと、確実であることをいう。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

鉄板の意味①「鉄を延ばして板状にしたもの。鉄の板。」

「鉄板」の一つ目の意味は「鉄を延ばして板状にしたもの。鉄の板。」です。

鉄板で野菜や肉を焼いた料理を「鉄板焼き」と呼びます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・キノさんは左手でベールと帽子を頭から取ると、それを鉄板に落とした。
(出典:時雨沢恵一『キノの旅 第08巻』)

・黒い眼鏡をかけ、胸の前に火花を避ける鉄板を置いて作業をつづけていた。
(出典:松本清張『絢爛たる流離』)

・いか焼き用の鉄板は、二枚の鉄板を蝶番で繋いだような格好をしている。 
(出典:東野圭吾『白夜行』)

・その視線のさきには畳一枚分ぐらいの鉄板が床にはめこまれていた。
(出典:半村良『石の血脈』)

類語

ワッシャー
意味:洗濯機。また、洗う人。(出典:デジタル大辞泉)

板金ばんきん
意味:切金(きりきん)の一つ。金を板のように薄く打ちのばしたもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

座金ざがね
意味:ボルトを締めるとき、ナットの下に挟む薄い金属板。(出典:デジタル大辞泉)

鋳物いもの
意味:鉄・青銅・錫(すず)・鉛・アンチモン・アルミニウムなどの金属を溶かし、鋳型に流し込んで器物をつくる工法。(出典:デジタル大辞泉)

鉄板の意味②「俗に、間違いないこと、確実であることをいう。」

「鉄板」の二つ目の意味は「俗に、間違いないこと、確実であることをいう。」です。

会話が盛り上がるとっておきの小話を「鉄板ネタ」と言ったりします。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・これは鉄板、絶対というのを店が使わせなかったら腹が立つでしょうが。
(出典:橋本克彦『欲望の迷宮 新宿歌舞伎町』)

・調理師免許を持つKEIJIが、ゲストの鉄板ネタを提供させるコーナー。

・小学校4年のころ、中畑清選手の母親からアイス代200円もらった話を鉄板ネタとしてイベントでよく話す。

・本人たちが「鉄板ネタ」と話していたものには、自分たちの胸をネタにして「あんたの~胸は、トマトみた~い」という台詞を発していたものがあった。

類語

確固かっこ
意味:しっかりして動かないさま。(出典:デジタル大辞泉)

明白めいはく
意味:あきらかで疑う余地のないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

明瞭めいりょう
意味:はっきりしていること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

着実ちゃくじつ
意味:落ち着いて、確実に物事を行うこと。あぶなげなく手堅いこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました