釣果とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

釣果

「釣果を誇る」などのように使う「釣果」という言葉。

「釣果」は、音読みで「ちょうか」と読みます。

「釣果」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「釣果」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

釣果の意味

「釣果」には次の意味があります。

釣りの獲物。釣れた魚の量。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「釣」は「金属のものをすくい上げる柄杓」の象形から「釣り針」を意味するようになったといわれています。この言葉は釣りの場面だけでなく、ビジネスなど他のシーンでも使われます。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・いずれにせよ、西尾氏の釣果を現実に見たものは一人もいないらしい。
(出典:半村良『下町探偵局PART1』)

・二人が無言で釣果を競っている間に、円形に復した月は松林の向うに沈み始めていた。
(出典:南木佳士『ダイヤモンドダスト』)

・夕方まで釣ったのだが、釣果は美智子の一匹だけだった。
(出典:南木佳士『阿弥陀堂だより』)

・板尾丹兵衛の竿と、松本理兵衛の竿とは、釣果で十六尾分の差があることになる。
(出典:夢枕獏『大江戸釣客伝(上)』)

釣果は全くないが、源十郎は、別に、何かを釣るために、竿を出しているわけではない。
(出典:西村京太郎『無明剣、走る』)

類語

成果(せいか)
意味:なしえた結果。できばえ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

漁獲(ぎょかく)
意味: 水産物をとること。また、とった水産物。(出典:精選版 日本国語大辞典)

大漁(たいりょう)
意味:漁で、獲物がたくさんとれること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

狩猟(しゅりょう)
意味:かりをすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

収穫(しゅうかく)
意味:農作物のとりいれ。また、とりいれたもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました