醜女とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

醜女

「醜女たち」などのように使う「醜女」という言葉。

「醜女」は、訓読みで「しこめ」と読みます。

「醜女」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「醜女」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

醜女の意味

「醜女」には次の意味があります。

容貌(ようぼう)のみにくい女。しゅうじょ。(出典:デジタル大辞泉)

漢字の通り「醜い女」を意味する二字熟語で、顔かたちなどの容貌が醜い女のことを言います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・発狂したのでもないなら、あんな醜女の裸を誰がみたいと思うものか。
(出典:佐藤賢一『王妃の離婚』)

・娘は醜女だというし、やはり桑山への縁談には乗らないでよかったのだ。
(出典:藤沢周平『風の果て(上)』)

・美人をみる時より、醜女を見た時の方が、凌辱してみたいという気になるのだ。
(出典:梶山季之『現代悪女伝・欲望の罠』)

・その父に似た醜女を妻にするのは、よほど男気が必要であった。
(出典:柴田錬三郎『(柴錬立川文庫1) 猿飛佐助』)

醜女に高いところから物を言われることほど、男にとっての屈辱はない。
(出典:和田竜『村上海賊の娘 上巻』)

スポンサーリンク

類語

不美人(ふびじん)
意味:美しくない女。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ぶおんな
意味:みにくい女。(出典:精選版 日本国語大辞典)

不細工(ぶさいく)
意味:容貌が醜いこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ぶす
意味:醜い女性の顔。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました