都市公園とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

都市公園

「都市公園として整備する」などのように使う「都市公園」という言葉。

「都市公園」は、音読みで「としこうえん」と読みます。

「都市公園」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「都市公園」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

都市公園の意味

「都市公園」には次の意味があります。

都市部にある公園。特に昭和31年(1956)施行の都市公園法によって設置される公園をいう。(出典:デジタル大辞泉)

都市公園法では住民1人当り6㎡の公園面積とすることが標準となっていますが、満たせていない地域も多いという課題もあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・意図して無から造成した都市公園としては、偕楽園が日本最古となる。

・池田山公園は、東京都品川区東五反田にある品川区立の都市公園である。

・道路、鉄道、都市公園など、建物以外の公共公益施設の用に供される土地もあり、これらは公有地とされていることが多い。

・ノーズ・ヒル公園はカナダの都市公園で最も規模の大きい公園だ。

類語

国営公園こくえいこうえん
意味:都市公園法に基づいて国が設置する、都市計画施設としての公園または緑地。(出典:デジタル大辞泉)

特殊公園とくしゅこうえん
意味:都市公園の一。目的や立地が制限される公園。(出典:デジタル大辞泉)

にわ
意味:屋敷内で、ある広さをもって空けてある地面。(出典:デジタル大辞泉)

墓園ぼえん
意味:墓地。霊園。(出典:デジタル大辞泉)

立脚地りっきゃくち
意味:よりどころとする地点。考えたり行動したりするときの立場(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました