達観とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

達観

「達観した考え」などのように使う「達観」という言葉。

「達観」は、音読みで「たっかん」と読みます。

「達観」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「達観」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

達観の意味

「達観」には次の二つの意味があります。

1 広く大きな見通しをもっていること。遠い将来の情勢を見通すこと。
2 目先のことや細かなことに迷わされず、真理・道理を悟ること。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

達観の意味①「広く大きな見通しをもっていること。遠い将来の情勢を見通すこと。」

「達観」の一つ目の意味は「広く大きな見通しをもっていること。遠い将来の情勢を見通すこと。」です。

視野が広く、色々な角度から考えられる人のことを指したりします。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・前川さんはそれを見抜いたように黙ったまま、達観めいた笑いで流した。
(出典:入間人間『電波女と青春男 第03巻』)

・レッテルが問題なのではない、問題なのは内容だ、と達観したからである。
(出典:井上ひさし『ドン松五郎の生活』)

・その通りだと若い仲間たちはうなずいたが、老人は達観したような顔で首をふった。
(出典:三浦真奈美『風のケアル 第3巻 嵐を呼ぶ烽火』)

・これも不思議と言えば不思議な話だが、やはり賢人が運命を達観したという話だろう。
(出典:池田弥三郎『話のたね』)

類語

縦覧じゅうらん
意味:自由に見ること。思うままに見てまわること。(出典:デジタル大辞泉)

見渡すみわたす
意味:遠くまで広く眺める。広い範囲にわたって見る。(出典:デジタル大辞泉)

博覧はくらん
意味:広く書物を読んだり見聞したりして、物事をよく知っていること。(出典:デジタル大辞泉)

大観たいかん
意味:広く全体を見渡すこと。大局を眺めること。(出典:デジタル大辞泉)

達観の意味②「目先のことや細かなことに迷わされず、真理・道理を悟ること。」

「達観」の二つ目の意味は「目先のことや細かなことに迷わされず、真理・道理を悟ること。」です。

器が大きく、ちょっとやそっとじゃ動じない様子を表します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・時おり妙に達観したようなことを口にする夏帆が、そんな言葉をつぶやいた。
(出典:林真理子『野ばら』)

・まるで、千年を生きて人間の闇を全て見つめてきたような、達観した絶望がそこにあった。
(出典:鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第03巻』)

達観した表情を見ると、もう僕のことは諦めてる様に思えます。
(出典:宮谷シュンジ『絶望の世界 0絶望の世界 僕の日記』)

・何事も天意だと達観していながら、すぐ居ても立ってもいられない心地がしてくる。
(出典:吉川英治『宮本武蔵』)

類語

菩提ぼだい
意味:煩悩(ぼんのう)を断ち切って悟りの境地に達すること。(出典:デジタル大辞泉)

警醒けいせい
意味:警告して人の迷いをさますこと。迷いを悟らせること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

悟得ごとく
意味:悟りをひらいて、真理を会得すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

諦観ていかん
意味:本質をはっきりと見きわめること。諦視。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました