連携とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

連携

「連携プレー」などのように使う「連携」という言葉。

「連携」は、音読みで「れんけい」と読みます。

「連携」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「連携」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

連携の意味

「連携」には次の意味があります。

互いに連絡をとり協力して物事を行うこと。(出典:デジタル大辞泉)

「連」は「結びつなぐ」、「携」は「手を取り合う」という意味を持つ漢字です。
わかりやすく言えば「ある目的のために互いに協力すること」が「連携」です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼は少し前からアジアの感染者と連携がとれないだろうかと考えている。
(出典:井田真木子『もうひとつの青春 同性愛者たち』)

・単独で行動する限りは精密機械のように各機が連携し、敵を破ってきた。
(出典:榊涼介『ガンパレード・マーチ 13 山口防衛戦2』)

・ それに政府との対抗上、ぼくの属していた左翼ゲリラとも連携していた。 
(出典:藤原伊織『テロリストのパラソル』)

・ この見事な連携プレイで一冊あたり五分もかからずに読み終えている。
(出典:池上永一『レキオス』)

スポンサーリンク

類語

協同(きょうどう)
意味:複数の人または団体が、力を合わせて物事を行うこと。(出典:デジタル大辞泉)

提携(ていけい)
意味:互いに助け合うこと。共同で物事を行うこと。(出典:デジタル大辞泉)

同盟(どうめい)
意味:個人・団体または国家などが、互いに共通の目的を達成するために同一の行動をとることを約束すること。(出典:デジタル大辞泉)

協力(きょうりょく)
意味:力を合わせて事にあたること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました