輪廻転生とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

輪廻転生

「人の魂は輪廻転生を繰り返す」などのように使う「輪廻転生」という言葉。

「輪廻転生」は、音読みで「りんねてんしょう」と読みます。

「輪廻転生」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「輪廻転生」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

輪廻転生の意味

「輪廻転生」には次の意味があります。

・回転する車輪のように、衆生が三界六道の世界に流転して生死をくりかえすこと。(出典:四字熟語を知る辞典)

「輪廻転生」をわかりやすく言うと「亡くなった故人が死後の世界へ逝った後、この世に何度も生まれ変わってくる状態」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・人間は数限りない輪廻転生を繰返しながら、最終的に覚者になっていく。
(出典:横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』)

・人間は、輪廻転生のうち現世に居る期間が一番短いと言う事なのか。
(出典:ZUN『東方香霖堂 ~Guriosities of Lotus Asia』)

・もし、次から次へと、わけわかんない生き物に輪廻転生していくとしたら?
(出典:貴志祐介『天使の囀り』)

輪廻転生の輪に入り、記憶は全て消され、苦痛に満ちた魂の旅路にまた出るのか。
(出典:ろくごまるに『封仙娘娘追宝録1 天を騒がす落とし物』)

・ごらんのとおり、おれは輪廻転生や霊魂遊行の説を信じているんだ。
(出典:ルブラン/野内良三訳『ルパンの告白』)

類語

六道四生 (ろくどうししょう)
意味:仏語。六道のどこかに、胎生・卵生・湿生・化生の四つの生まれ方のどれかをとって生まれること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

蘇生 (そせい)
意味:息をふきかえすこと。生き返ること。(出典:デジタル大辞泉)

起死回生 (きしかいせい)
意味:死にかかっている病人を再び生きかえらせること。(出典:四字熟語を知る辞典)

循環 (じゅんかん)
意味:ひとめぐりして、もとへ戻ることを繰り返すこと。(出典:デジタル大辞泉)

化生 (かせい)
意味:新しいものが生まれ出ること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました